発達障害wikipediaを読み解くvol.1

発達障害

『発達障害』の定義、歴史、診断基準を丁寧に解説!

【~100人に一人は高機能自閉症?~】

自閉症スペクトラムの人間は、寡黙のようでいて、いつも何かを考えている。

言葉にしないだけ。

例えば明石家さんまさんのような、テレビでもプライベートでも口で活路を開く人生ではない。

それが苦しい時もある。もちろん。

自分の中を思考が無限ループを起こし、切れた電球のようにショートする。

SMAPで例えるなら、稲垣吾朗さん、お笑いでは又吉直樹さんのようなタイプかもしれない。

言葉に引っ張られすぎる、という特徴も持つ。

例えば、「お前、バカだな」と言われたら、言葉通りに受けとる。「へへ、あんたはアホやんか」と切り返して笑うことが難しい。(大学生の頃はそんなこともなかったのだけれど、学生時代は対等の友人とのバカ話だったからだろう)

言葉に引っ張られすぎる。

これは、特に本人も注意しないといけない。反射的な防御として、倍返しの言葉を発する可能性もある。

実際のところ、正体がつかめない。自分がわからない。

なんなのだろう、このASDという横文字は。

起源を知りたいと、wikiを開く。(wikiは最高の参考文献だと思っている。入り口としては)

まず、「発達障害」という言葉から。いきなりASDから入るより、全体像を把握することで、より理解が深まる。

発達障害(はったつしょうがい、英: Developmental disability、DD)は、身体や、学習、言語、行動において一連の症状を持つ状態で、症状は発達中に発見され、通常は生涯にわたって持続する障害の総称である。

まずわかるのは、英語から訳された言葉だということ。輸入物だ。その場合は、訳を疑わないといけない。crypto currency(暗号技術によって発明された通貨)が仮想通貨と訳されてしまうのが日本だ。

developは、発展していくことだ。developing country(発展途上国=発展している国、つまり、まだ完全に成長していない国)と訳される。

なので、developmentは発展。
それが形容詞になり、「発展の」が一般的な訳だ。

disabilityを崩すと、able(何かができること)→ability(能力)、それに否定を指すdisがつく。
つまり、「できないこと」だ。

人にdevelopを用いると、「発達」になる。

直訳だと「発達できないこと」。でもそれは誤訳で、二つつなげてdevelopmental disability になると

「発展途中で何かができなくなること」
「発育につれて、実行可能なことがなくなること」「発育に伴う何かが欠けていること」

あたりのニュアンスだと思う。つまり、そこには一人の人間が「健全にできるはずのこと(able)」が、できない状態を指す。

それが何かは、まだここだけではわからない。

日本の行政上の定義では[2]、発達障害者支援法が定める「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」となる

このラインより上のエリアが無料で表示されます

なるほど、日本の政府としては、立派に「通常は低年齢において発現するもの」らしい。

つまり、低年齢(何歳かはわからないが、未成年のうち、というニュアンスを感じる)ではない年齢で発現したものは、「通常」の定義からは少し外れるらしいぞ。

だから「大人の発達障害」は政府の定義では矛盾を抱えている。ここまでわかった。

広義の学術的な分類での発達障害では、知的障害なども含むもう少し広い分類である。そうした診断分類では『ICD-10 第5章:精神と行動の障害』では、「F80-F89 心理的発達の障害」「F90-F98 小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害」、米国精神医学会による『精神障害の診断と統計マニュアル』 (DSM) では、第4版 (DSM-IV) では「通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」、DSM-5では神経発達症となる。

横文字が出てきました。横文字抜いてみる。

広義の学術的な分類での発達障害では、知的障害なども含むもう少し広い分類である。そうした診断分類では『第5章:精神と行動の障害』では、「心理的発達の障害」「小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害」、米国精神医学会による『精神障害の診断と統計マニュアル』 では、第4版 では「通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」では神経発達症となる。

長いな。小分けにしよう。

広義の学術的な分類での発達障害では、知的障害なども含むもう少し広い分類である。

うん、「政府の定義はともかく、もうちょっといろんなものがあるよ」ってことだ。

そうした診断分類では『第5章:精神と行動の障害』では、「心理的発達の障害」「小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害」、米国精神医学会による『精神障害の診断と統計マニュアル』 では、第4版 では「通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」では神経発達症となる。

これで一文。破綻した日本語だ。間違っている。

読み砕くと、二つあるよ、と。
一つは日本の学術的定義。

「心理的発達の障害」「小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害

もう1つはアメリカの定義。

「通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」

これは、大きな違い。

日本では子供の頃に「発症」するもので、米国では子供の頃に「診断」されるもの。

診断は医師によるもので、発症はその人本人に起きることだ。

これは、なかなか厄介。日本には「診断」する医師はおらんのかな?

次いこう。

【原因編】

発達障害の原因は多岐にわたり、不明な点が多く残されている。複数の要素が関係し、遺伝的、胎児期の保健状態、出生時の環境、感染症、環境要因などが挙げられている

長いけど、つまりは「わかっていない」と。
次。

双子研究により、遺伝要因とそれ以外の要因の影響度を算出することが可能で、自閉症スペクトラムとADHDに関しては遺伝要因の影響が大きいと分かっている

なるほど、自閉症スペクトラム(ASD)とADHD(多動性の障害)は、親の遺伝が関係している可能性が高い研究結果があるらしい。

うちの母親と父親。僕の家庭では、父親は多動性資質があることは自他共に認めている。けれども、立派な父親だ。

母親にも、ASD素質がある可能性があるってことか。少し、想定していたのとは違う。

次。

大部分の発達障害は乳児出生前に形成されるが、一部は出生後の外傷、感染症、その他の要素に起因することもある

ここは飛ばす。重要じゃない。

原因編はここで終わり。つまり、まだわかってないということらしい。

【分類編】
発達障害の用語は1963年にアメリカで法律用語として作られ、1970年代に日本に入ってきたとされる。

ここ、めちゃくちゃ大切な部分。発達障害という言葉は輸入品。しかも元々は法律用語。心理学用語ではないらしいぞ。

1970年以前は、「発達障害者」はいなかったことになる。日本語の言葉として。

これは不思議な現象。同じように人は生きて来て、100年前に日本に生まれていたら、「発達障害者」とは絶対に呼ばれなかった訳だ。

21世紀となり、精神医学で主に使われる国際的な診断分類は2種類ある。学術的分類である。 WHOによる国際疾病分類である『第5章:精神と行動の障害』では、以下が該当する。

心理的発達の障害

小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害

横文字は抜きました。そして、21世紀に飛びました。法律用語から、精神医学用語に変わります。

世界で統一しようという動きが出てきた訳だ。

心理的発達の障害

小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害

ここで初めて、年齢を問わない定義が出てきた。心の発達の障害。

米国精神医学会によるDSM-5では、

神経発達症群(Neurodevelopmental disorder)

の一部が相当する。このようにICD-10とDSM-5では分類体系が一致していない[9]。DSM-5にはICD-11が、DSM-IVにはICD-10が対応するため、これらは対応関係にあるものではない。

宇宙の言葉のようだ。横文字抜く。

米国精神医学会では、

神経発達症群(Neurodevelopmental disorder)の一部が相当する。分類体系が一致していない。対応関係にあるものではない。

なるほど、WHOの分類と、アメリカの分類はちょっと違うよ、と。

ところで、日本の医学は何をしてるんだ?

DSM-IVでは「通常、幼児期、小児期、または青年期に初めて診断される障害」が同様の分類である。これらは、以降で挙げるような、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、知的障害だけでなくもう少し広く含まれている分類である。

DSMは、アメリカの医学界のこと。とにかく、アメリカ始まりな訳だ。

【日本での分類編】
良かった。日本での医学的見解があった。

日本発達障害福祉連盟の定義では、知的障害(精神遅滞)を含み、それを中核として生涯にわたる支援が必要な状態である。

困った。日本語難しいな。
とにかく、日本の発達障害研究者の総意として、治ることはなく、一生付き合っていくもの、周囲のサポートが必要なものだと。

東京都多摩府中保健所の文献では、これを「広義の発達障害」の定義とし、「狭義の発達障害」の定義は発達障害支援法のものとして、以下である。

発達障害支援法、というのがあるらしい。その法律で定めているのが、以下の言葉。

【狭義の発達障害】

広汎性発達障害

学習障害

注意欠陥多動性障害

協調運動の障害

言語の障害

狭いと広いが含まれていて、矛盾が沢山あるような、、、。でも、「協調運動の障害」これを見つけた。ASDはこれに該当しそうだ。
感覚的に、僕は子供の頃から共同作業は苦手だった。

※狭義というのは日本の行政上の定義であり、文部科学省でもこの定義である。学術的な定義とは一致していない。

議論中な訳ですね。

どうやら、終わりそうにない。やっと2割くらい読み解いた。

発達障害という言葉自体は、アメリカの医学に影響を受けたことはわかった。

残りの8割を何回か読んでみたが、「まだまだ議論中だよ」ということは臭わせる。

今日は特筆すべきパートだけ、抜粋。

米国

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、3-17歳児童の約17%について発達障害があり、ADHD、自閉症スペクトラム、脳性麻痺、難聴、知的障害、学習障害、視力障害、およびその他の発育不全などを1つ以上抱えているとしている

驚いた。30人のクラスがあったら、そのうち5人は発達障害らしい。本当??

日本

2002年、文部科学省が調査したデータによれば、知能発達に遅れはないが、日常の学習や行動において、特別な配慮が必要とされる、「発達障害などの」児童が6.3%いることが判明した。2006年に名古屋市西部地域医療センター調査した結果によれば、当該地域に居住する6歳から8歳までの児童13558名の内、2.07%を占める281名が広汎性発達障害(PDD)の診断を受けた。その内、知能指数が71以上の「高機能自閉症」は177名であった。

日本では6.3%だと。アメリカは日本の3倍も発達障害者がいる、という統計になる。「発達障害者大国」アメリカ。興味深いですね。「アマゾン」「アップル」「フェイスブック」「グーグル」という破壊的イノベーションを産み出したアメリカが「発達障害者大国」。意味深だ。

高機能自閉症。これは、知的な発育の遅れを伴わない自閉症。IQ71以上。

13558のうち、177。

1.3%だ。100人に一人は高機能自閉症だと。

そうすると、かなりの数が日本にいることになる。

日本で1.27億人。165万人が高機能自閉症だ。

※色々な要素を無視した、雑な計算なのは承知してます。

今日は終わりにします。
アメリカと世界と日本の定義や分類の違いに翻弄されました。

気になったのは、アメリカの統計と日本の統計結果が著しく違うこと。多様性を活かさないと共に違う人種が仲良く生きていけない社会だから、根本の捉え方が違うんだろう。

vol.2

コメント

  1. […] 発達障害wikipediaを読み解くvol.1上記記事で読みといてみた、発達障害。 […]

  2. […] ※前回noteの「発達障害wikipediaを読み解く。vol.1」の続編です。頭の整理、理解をしながら記載しました。 […]

タイトルとURLをコピーしました